[活かす片づけ]収納工房 CozyStyle 神戸


■西宮市 A様邸


BEFORE

 棚の前がモノで塞がっています。

 これでは、棚の下部の収納が全く使えていないばかりか、上部のモノを取る時にも、ムリな姿勢が強いられます。

 また、足元に置かれたものは、つまずいて転倒する原因にもなり、とっても危険。

 床は収納場所ではないので、モノを置かないのが鉄則です。

 


AFTER

 モノを使用頻度で仕分けし、よく使うモノを優先的に収納しました。

 床に置くモノも、ゴミ箱2つだけに抑えたことで、安全かつ出し入れしやすいスペースに改善されました。

 今まで塞がって使えなかった棚の下部も、使えるようになりました。



■神戸市中央区 A様邸


BEFORE

 さまざまな形や大きさの収納容器が、所狭しと押し込まれています。

 幾重にも重ねられているので、そのままでは取り出せない状態です。


AFTER

 使うタッパーを厳選し、なるべくスタッキングのできるタッパーを使うことしていただきました。

 容器を重ねて収納した上で、蓋と容器を同じかごに入れることで、組み合わせを分かりやすくしました。


BEFORE

 前後に種類の違う食器が置かれていたり、上下に重ねられたりしているため、取り出すのに、かなりの手間がかかってしまっています。


AFTER

 全ての食器を、カゴに入れて収納しました。

 カゴを手前に引きだすことで、奥の食器であっても簡単に取り出せるようになり、また、種類の違う食器を積み重ねる必要もなくなりました。



■神戸市灘区 N様邸


BEFORE

 既存の仕切りを利用していますが、このタイプの仕切りは、厚みがあって自由がきかず、かなり使い勝手の悪い引き出しになってしまっています。

 また、カテゴリーで分別されていない上、重ねて収納しているので、使いたいモノがスッと出てこない状態です。


AFTER

 牛乳パックを利用し、サイズと量に見合った仕切りを作ることで、無駄なく使いやすい引き出しになりました。

 カテゴリー別に分別をし、ここには調理器具だけを入れるようにしたことで、目当てのモノが直ぐに見つかる状態になっています。


BEFORE

 調理台と反対側にある棚の、一番下の収納です。

 調味料がここにあるため、料理の度に調理台に移動させるという、無駄な動きをする必要がありました。

 また、他のモノも特に関連性がなく、キッチン全体にいろいろなモノがバラバラに置かれている状態でした。


AFTER

 調味料は、調理台側の取り出しやすい高さの棚に移動させました。

 キッチンのいろいろな場所に分散していた来客用のグッズを、この収納に集合させ、それぞれ細かくグループ(大人用、子供用など)を作り、カゴにまとめました。



■神戸市中央区 A様邸


BEFORE

 左側に大きな棚があり、ドアが全開できない状態でした。

 また、右側には覗きこめない高さの棚があり、モノも床に直置きされていました。

 一番の問題は、買って来た荷物を置いて棚に移す時の作業台がないこと。

 作業場には、かならず作業スペースが必要です。


AFTER

 背の高かった引き出しを三つに分け、その上に作業台を作りました。

 左側の大きすぎた棚はパントリーから出し、代わりにドアが全開できるサイズの棚を入れ込みました。

 料理用ストックと日用品ストックの場所をきっちりとゾーン分けして、一目瞭然の収納にしました。




Copyright(C)***収納工房 CozyStyle 神戸***All Rights Reserved.